「ヨロヅブローチ倶楽部」(略してYBC)も2週目の週末を迎え、
世はシルバーな3連休……そしてまさかの台風到来。
神戸は特に明日日曜日が大荒れと告げる天気予報さん。
以前も展覧会中の連休に台風が激突して閑古鳥だったあの日を遠い目で思い出す私。

さて、それでも一応連休は連休、ということで
今日明日あさってはお店に立ちます。
お出かけの方はくれぐれもお気をつけて!

それではみなさま、またYBCでお会いいたしましょう。
Img_62780566822a22ae071aa0adbb1e8dba
今日で8月も終わり。
頭の上をびゅーんと夏の記憶が飛んでいく。

新しい場所での新しい出会い。
白熱するドロドロした話。
大濠公園で乗った白鳥ボート。
向島から眺めた因島大橋。
毛刈りされた羊男。
非常に親切な中古カメラ屋のおじさん。
指に刺さったきゅうりのイボ。
指に刺さったオクラのうぶ毛。
親族17人で集まった盆の食事。
甘酒シャーベットの好き嫌い。
妹と歩く天神地下街。
祖母の夢だった蛤香合作り。
宗像大社の森の涼しさ。
鳥のいないバードウォッチング。
甘ったるいタイ料理。
寝違えた首。
山陽ひろみつ。
信楽のうどんとラムレーズンアイス。
金勝山の足湯と猪肉コロッケ。

窓から晩夏の風。
そろそろ秋がやってくる。
Img_426bec9b6a0656010d6dae7eafeb795e
近頃すっかり更新の手が止まりがち。
またひと月ほど間があいてしまいました。

先月福岡個展を終えたばかりでしたが、お盆にまた福岡へ出ておりました。
今夏はあちこち出かける機会が多く、なかなか落ち着きません。
(…ん?いつものこと?)

遅くなりましたが
福岡での個展「世界ひとめぐり旅路録」の会場風景を少しばかり。

ここからまた誰かの新しい旅路が始まればいいなと思う夏の日。
Img_fbdb7714a5b44d7b7c623b6d0c2b652f
Img_515613167cabb8cb6825b36263d6c8d0
Img_90e7f1204d797674efc66f3dea92a255
Img_4f9e3a67bd743c063c5a0125521c14c8
Img_72e05c0b1e1bde0a718021e2b0056ead
Img_abd040d4111cc01df58c34cf30dc5b2f
だいぶ長いこと留守にしておりました。
福岡での個展を無事に終え、
(いつものことながら少々寄り道をし)
やっと昨日戻ってまいりました。

気がつけば7月は残り数日!
ブログもほぼ1ヶ月放置状態で失礼しました。

福岡および九州での初めての個展。
新しい場所での展示は、まだ見ぬ地への旅と同じように
いつも不安と好奇心とが混じりあう心地で始まるけれども、
終わってみれば、毎日良い出会いに恵まれ、
次の目的地までの道が楽しく思える、そんな時間だったなと思います。

今回の展覧会の機会をくださった、LUMOのお二人
搬入や宣伝をお手伝いしてくれた方々
そして足を運んでくださったみなさま
本当にありがとうございました!

展覧会の様子紹介はまた後日にするとして。
今日の写真は会期中差し入れでいただいたさくらんぼ。
桃が送られてきたり、ブラックベリーを摘んだり、
フルーティ~な福岡ライフでした。
Img_72a328b765e19c2a5db62ca17ece6559
1ヶ月も前の話になるけども、
先月、長岡天満宮で年2回開催される「一箱古本市」に出向いた。

当日はとても良い天気で、緑いきいき、水はおだやか。
菖蒲園のそばでカメたちも並んで甲羅を干していた。

境内に小さな本屋さんがポコポコと、なんとなくキノコのよう。
本以外にもおにぎりや珈琲の屋台が出ていて、私は早速腹ごしらえをした。
玄米のおにぎりと、海苔わさびのおにぎり。
おいしくて、あっという間にたいらげた。足下にはドクダミが咲いていた。

本を通して流れていく会話や空気は、思った以上に心地よく
あれこれお喋りしている間にふわあっと時間が過ぎてゆく。

古本市での戦利品は
アリスン・アトリー「むぎばたけ」
クリスティーナ・ビョルク&レーナ・アンデション「リネアの12か月」
金田一秀穂「お食辞解」の3冊。
加えて良き人の縁。

ひとしきり覗いたらお暇しようと思っていたのに、
結局その日はほぼずっと古本市をうろうろしていた。

のんびり外で本売りをするのも楽しそうだ。
いつか私も古本市で店主をやってみようかしら…
まだ決めてもないのに本屋の屋号を考えてしまう私であった。

本と話に夢中になりすぎて、肝心の古本市の写真がないので
おいしかったおにぎりの写真をここに残す。
良い日だったなあと、思い返す。
Img_283eb93c9d57fbf07c0b3cdc0d0c5504