この春我が家のベランダにやってきた、ツボちゃん。
本名は「ツボクサ(壺草)」、通称ツボちゃんである。

ある日、スリランカカレーのお店でモグモグしていたところ
居合わせたお客さんがこのツボクサの株をなぜかたくさん持っていて、
どんどん増えるからというので、ひと株分けていただいたのだ。
もともと雑草の類のため、強いし多少ほっといても大丈夫、しかも食べられる。
世話が苦手・留守にしがち・食いしん坊の3点セットの私にぴったりではないか。
持ち帰って早速ベランダのプランターに植え、ツボちゃんと名付けた。

ツボちゃんは聞いていた通り強くたくましくぐんぐん育ち、
長期の留守もなんのその、次から次に新しい茎&葉が登場。
今では立派な一人前の(?)ツボクサとなった。

そして夏至の夜、いよいよツボちゃんを食べてみることに。
株をもらった時に聞いた話では、スリランカ人が大好きな食材であるという。
「ミツバのように薬味的に使う」「刻んで和えものにする」など、
いくつか聞いた食べ方をもとに、トマトサラダに刻んで入れてみることにした。

トマトをひとくち大に切って、オリーブオイル・塩・黒胡椒・酢で和える。
そこの生姜の千切りと鰹節、ツボクサみじん切りを投入。さらに混ぜてできあがり。

ツボクサを生でかじると、ミツバっぽい香りと苦味、少しのえぐみ。
トマト・生姜・鰹節の組み合わせに加えると、エキゾチック&大人な味に……うまい!

自分で育てたものを食べる、というのはなんだか感慨深い。
(「育てた」というよりほとんど自ら「育った」ツボちゃんだけども)
夏野菜に合いそうな味のツボちゃん、今度は茄子に和えてみようかな?
ネクストツボ料理に期待。
Img_ee9aca628bf73bffe4d8a5092ce43ba6
Img_3086b8aa23cb401080dea58a7f1e65a5