私の好物、キリンラーメン。
名称変更が決まって、もうすぐキリンラーメンじゃなくなってしまう。
味はもちろん、このなんとも言えないロゴとパッケージも好きだったのだが…。

さよなら、アディオス、キリンラーメン。
次はナニラーメンになるのか、動向を見守る熱帯夜。
Img_8229718cfd4785448e792d9298155bc6
明日から東京は向島の甘夏書店さんで、「本と手ぬぐい」展が始まります。
手ぬぐいの中で行列をなすテバサキたち、箱に詰められ一路東京へ。

ポチョポチョと歩いていると、いろんな人に出会う。
気の合う人、合わない人、すばやい人、ゆっくりの人、似た人、どう見ても違う人、変な人
とにかくいろんな人がいるけども、けどまあとりあえずポチョポチョ、マイペースに歩こうよ。

…そんな心意気を込めたようなそうでもないような?
「テバサキ大行列てぬぐい」、東の都に初登場です。
見かけましたらぜひ一度手に取ってみてくださいね~。

さて、こちら西はというと、この猛烈豪雨。
地震があったばかりだというのに、土砂災害に川の氾濫、心配な箇所が多すぎ。
どうにか明日こそは、少しでもお天気落ち着いてくれと願うばかり…。
Img_8154220daf8f13bd81db17c0f72ca7d9
1ヶ月間の POP UP MINI SHOP「山と旅」、無事閉幕しました。
小さい展示でしたが、足を運んでくださったり
目をとめてくださったみなさま、ありがとうございました!

そして撤収を終えて7月。
膜を張ったような暑さ、なかなか捗らない仕事。
異例の関東高速梅雨明けの話をぼんやりと聞きながら、
今日はアイスとキムチと公園のネコで頭がいっぱい。

夜になっても
とにかく
アチーーー…
Img_fdb435c78b323a14bb59be62440e6edf
ここ数日で一気に蒸し暑くなってきた。
少し肌寒く感じる夜があったりしたもんだから気を抜いてしまっていた。
まだ梅雨時とは言えやはり今は夏、まごうことなき夏、なのだ。

夏のためにと取っておいた、とっておきを今日開けた。
沖縄産シークヮーサー100%ジュース!
濃いーーーっ黄色、これぞ夏!な色。
グラスにジュース(完全果汁)を少しと、炭酸水をジュワーッと注ぐ。
薄めてもやはり鮮やかなイエロー。
グラスに描かれたグリーンの線画もいきいきと。(このグラスは友人の作品だ)

ぐびっと飲みほすと、ビビッドな酸味!おいしい!!
たるーんとした蒸し暑さに、吹き抜ける一陣の風……みたいな味。
これは癖になりそう、というかジュースすぐなくなりそう。

でかい瓶を買っとこうかどうしようか。
そんなことを悩む幸せ、もうすぐ7月。
Img_9974c18bb85a2e929346b8c816b9d876
この春我が家のベランダにやってきた、ツボちゃん。
本名は「ツボクサ(壺草)」、通称ツボちゃんである。

ある日、スリランカカレーのお店でモグモグしていたところ
居合わせたお客さんがこのツボクサの株をなぜかたくさん持っていて、
どんどん増えるからというので、ひと株分けていただいたのだ。
もともと雑草の類のため、強いし多少ほっといても大丈夫、しかも食べられる。
世話が苦手・留守にしがち・食いしん坊の3点セットの私にぴったりではないか。
持ち帰って早速ベランダのプランターに植え、ツボちゃんと名付けた。

ツボちゃんは聞いていた通り強くたくましくぐんぐん育ち、
長期の留守もなんのその、次から次に新しい茎&葉が登場。
今では立派な一人前の(?)ツボクサとなった。

そして夏至の夜、いよいよツボちゃんを食べてみることに。
株をもらった時に聞いた話では、スリランカ人が大好きな食材であるという。
「ミツバのように薬味的に使う」「刻んで和えものにする」など、
いくつか聞いた食べ方をもとに、トマトサラダに刻んで入れてみることにした。

トマトをひとくち大に切って、オリーブオイル・塩・黒胡椒・酢で和える。
そこの生姜の千切りと鰹節、ツボクサみじん切りを投入。さらに混ぜてできあがり。

ツボクサを生でかじると、ミツバっぽい香りと苦味、少しのえぐみ。
トマト・生姜・鰹節の組み合わせに加えると、エキゾチック&大人な味に……うまい!

自分で育てたものを食べる、というのはなんだか感慨深い。
(「育てた」というよりほとんど自ら「育った」ツボちゃんだけども)
夏野菜に合いそうな味のツボちゃん、今度は茄子に和えてみようかな?
ネクストツボ料理に期待。
Img_ee9aca628bf73bffe4d8a5092ce43ba6
Img_3086b8aa23cb401080dea58a7f1e65a5