Img_f8565a00d7592b08dca4a1cc3bb734b3087e3ddf
インドとの国境付近、ここジャナクプルに来た理由
それはこの地方の女性たちが家の壁などに描く
ミティラー画という民俗芸術を間近で見るため

だったけど…

久々のタイトスケジュールと、激しい気温差にダウン。
行きたかった村まで行けずに終わった。
でも運良くホテル前に壁画を発見、観察はできた。

聞いた話によると
家に緻密な絵を描く女性は、もう今はそう多くはないらしい。
こうやってホテルとか土産物に描いたりする人はいるけれど。

慣習も、伝統と呼ばれる事柄も、人間も
時とともに変わってゆく。
いろんな場所でそれを感じる。

ぐったり横になりながら
びっしり描かれた壁の、花模様を想った。

Comments

hazama | 11.10.2011 11:48
ミティラー画って初めて知りました。
というか明ちゃん紹介してくれるものって
ほとんど知らなかったことやものばかり。

ずっと前からしらべたりさがしたり
してたんだろうな・・すごいな・・
たくさんのうつくしいものありがとう。

お身体だいじにね。
Mei | 11.10.2011 18:12
hazamaさん
ミティラー画を知ったきっかけは、大学で受けていた文様史の授業でした。
いつかネパールに行けたら、見てみたいとずっと思っていた文化です。

でも私も実際現地に行くまで、知らなかったことがたくさんあるんですよ。
旅で出会った人や現地の友達に教えてもらったこともいっぱいあります。

次のフライトまであと5日ほどあるので
それまでのんびり休憩しますー。
川原浩 | 11.21.2011 11:00
旅はいいね、心の世界もどんどん広がって、これからどんな絵が生まれるのか楽しみにしてます。
Mei | 11.21.2011 21:22
川原さん
旅は毎日が出会いです。
帰ったらここからまた新しいものをつくれるのが楽しみです。

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする