Img_b091bc02104cf53b63a3ea15ad0330a02987933b
冬の韓国ではこの夏ブルガリアで出会ったお友達の家に居候中。
今日は日曜日でお仕事(学校の先生)も休みということで
ソウルの南東にある南漢山城(ナムハンサンソン)に連れて行ってもらった。

山壁に沿ってどこまでも続く美しいカーブの城壁
てっぺんから臨むソウルの景色は、ビル群なんだけど淡い墨絵のようで
重なる松の強いシルエットが綺麗でため息が…
…って今回は見惚れる間もなく!

曰く韓国の人は「見る」より「歩く」のが好きらしく
速い…とにかく歩くのが速い…急な登り下りも全く関係なし。
ショートカット!と叫んでは林の獣道のようなルートにいきなり突っ込み
ビーケアフール!と口ずさみながら凄い勢いで道なき道をゆく!

私はぜーぜーいいながら、彼女のはるか後方を追うのであった。ま、待って…
(ちなみに彼女は私の母より年上である)

でも「あなたに韓国のあったかい思い出をあげたい」という彼女の言葉に
山の風でほっぺたをきんきんに冷やしながらも
なんだかじんわりあったかく感じた山道であった。

Comments

hazama | 12.06.2011 09:47
もう韓国にいらっしゃるのですね。
この景色見ると
わたくしもザクザク歩きたくなります!
筋肉痛にご用心!
Mei | 12.06.2011 14:38
hazamaさん
筋肉痛は免れたものの、その日は酸欠になったかというほどくらくらしました…。
帰国秒読みです!あさって帰ります。

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする