Img_6acb2b7a0f37c30faa84c2dfc65b9121
Papel Soluna 18号
『北の国の旅暮らし』:フィンランド&エストニア・タリン編(2014年7月)
発行/2015年1月
18号は再び世界旅行編をお休みし、2014年7月に半月滞在した2度目のフィンランドのお話。
今回はヘルシンキから海を渡り、日帰りで隣国エストニアの首都タリンへも足を伸ばした。
すっかり馴染んだヘルシンキでの滞在は、旅行というより旅暮らしというほうが合うなと思う。

記事 / コーヒー休み・スープスープスープ・秘密の店・日々御馳走…等々
今月の一匹 / 大福鼠(だいふくねずみ)
Img_78c79d357d54b6aa71ebec34da7c6c57
Papel Soluna 17号
『世界のかけら 8』:東欧・陸路移動編(2011年7月)
発行/2014年10月
2011年世界旅行記、第8弾はオーストリアのウィーンからルーマニアへ抜けるまでの珍道中談。
ウィーンをバスで出発し、鉄道でスロヴァキアを横断、ハンガリーを経由しルーマニアへ…。
夏空の下ハプニング続出でいろんな汗が吹き出した、山あり谷あり東欧の思い出。

記事 / 時刻表入手!・炎天下スピシュ城・熱中症的記憶・ケタ違い…等々
今月の一匹 / 一角天(いっかくてん)
Img_83fb56520687ceab539551a070a787c8
Papel Soluna 16号
『世界のかけら 7』:フランス編(2011年4月+6~7月)
発行/2014年9月
2011年世界旅行記、第7弾の国はフランス。フランスは旅行中、2度出入りがあった国だ。
1度目は春にドイツから足を伸ばし訪れたアルザス地方、2度目はスペインから入った夏の南仏滞在。
違う季節、違う地方。ひとつの国が見せるたくさんの表情はとっても興味深い。

記事 / 頭の上の絵本・イーゼンハイム祭壇画・緑の中央市場・ロザリオ礼拝堂…等々
今月の一匹 / 海子(うみこ)
Img_9124b6cbff5c3420aebd7e8e185e3432
Papel Soluna 15号
『你好!臺灣』:台湾の旅話あれこれ(2013年12月)
台湾の方と一緒に描いた「鞄の中身特集」付き ※両面印刷版
発行/2014年5月
世界旅行記は少しお休みして、14号・15号は2013年の旅にスポットを当てて。
15号は2013年初訪問の国ふたつ目、台湾。台湾の友人の力を借り、今回は中国語訳付き。
裏面は台湾の人たちとのワークショップで描いた絵を増刊号として掲載!

記事 / 誠品書店・秋惠文庫・藝術兵營・十八卯茶屋…等々
今月の一匹 / 苺蟲(いちごむし)
Img_77d8ab8fcdccd16a3b816f10c7cd23cd
Papel Soluna 14号
『フィンランドの色集め』:フィンランドの色と言葉集(2013年7月)
発行/2013年11月
世界旅行記は少しお休みして、14号・15号は2013年の旅にスポットを当てて。
2013年の夏に初めて訪れ、半月ほどを過ごした北欧の国・フィンランド。
14号はフィンランドの鮮やかな色彩をパレットのように描く一枚。ポスターとしてもどうぞ。

今月の一匹 / 檸檬犬(れもんいぬ)
Img_a22b2571f7c71b9b312c17bfa8147285
Papel Soluna 13号
『世界のかけら 6』:スペイン編(2011年6月)
発行/2013年6月
2011年世界旅行記、第6弾。昔からどこかずっと憧れだった国・スペイン。
それはかつて好きだった画家の美術館であったり、本や写真で見た幻想的な建築であったり。
イメージの中だけだった世界に直接足をつけて歩く。その新鮮さがとても楽しかった、スペインの旅。

記事 / 市場歩き・ダリの宝石・オルチャータ・最高の5人組…等々
今月の一匹 / 花獅子(はなしし)
Img_4b28be5a55bf407f3f4c7ba86dcd0b87
Papel Soluna 12号
『世界のかけら 5』:ポルトガル・リスボン編(2011年6月)
発行/2013年4月
2011年世界旅行記、第5弾は、たった3日間だけの滞在だったポルトガル・リスボンの話。
古びた赤い屋根の家々、坂を登っては下る路面電車、丘の上から眺めるテージョ川。
街に漂う空気と色にすっかり恋をしてしまった。再訪を必ずと誓った場所のひとつだ。

記事 / アズレージョ・郵便局・パウロのカステラ・市電…等々
今月の一匹 / 織葉(おるは)